FC2ブログ

5月のイベント

まただいぶ更新が滞ってしまいました。。

GWも始まり各地で様々なイベントが行われていますね。

5月のプロパノータは

5月12日

『ジス・イズ・パラダイス』
いつもお世話になっている変態音マニアの「steteko」の2人がすべて取り仕切る快楽イベント。
今回でもう8回目。かなり定着してきましたね。

いつものようにプロパノータは触り放題で放任してます。皆さん愛でに来てください。


開場:10:00 開演 11:00~18:00

会場:ひと言カフェ(藤枝市茶町2-2-21)

料金:前売り¥1000 当日¥1500(中学生以下無料)

* SHOP&FOODスペースは入場無料

steteko
     

5月18日、19日 前回(秋)に開催され好評だった「ハンモック・カフェ」。今回もお邪魔させていただきます。

『hammock cafe  金谷 meguri石畳茶屋 』

5.18 11:00~18:00
5.19 10:00~16:00

free music
プロパノータ演奏あり

warkshop
ワイヤーでオブジェをつくろう 工房みかんのぺんき

木布人



5月18日から19日にかけてタイコ仲間アンドーさんの店「POT」主催の野外イベントがあります。プロパノータは出ませんが・・・

『Tan Tra』 (タントラ)

久しぶりの開催です。携帯電波が通じない山奥に現れる異空間。
¥3500で2ドリンク&BBQがかなり食べ放題。
ライブもありかなりのお得感。

伊久美ロッジ 静岡県島田市伊久美392

ライブ BAGOOSE / 音天劇場 / 水玉クリキントン / チカチカ /  パイO2

¥3500; 2ドリンク&フリーBBQ

BBQメニュー

 ジャークチキン ・ ビーフシュラスコ ・ グリーンカレー  焼きそば  焼き貝 焼き魚  サラダ パスタグラタン etc・・・

気候が良くなり遊ぶには絶好の季節。ぜひ足を運んでみてください。


ART Drops

おはようございます。

昨日から(4日)、静岡の「アトサキ7」にて日本画家「津田直子」さんの個展が始まりました。

今週末にはワークショップやプロパン楽団の演奏などもございます。

当日の演奏に参加してくれる小学4年生のツカサちゃんが、張り切ってポスターを作ってくれていたようです。
130129_1946~01

本人もとても楽しみにしてくれているようで、僕らにしてもそれがとても嬉しいですね。
学校の友達にたくさん宣伝してみたそうですが、写真からはどんな楽器で、どんな音がするのかはよく伝わらなかったそうでちょいとションボリして帰ってきた、ってツカサちゃんのお母さんが言っておりました・・・ガンバレッ!ツカサッ!   ガムバルのはワシのほうかな・・・

僕は最後の「小学生も参加できるイベントあるんだって!」と言う一文がなんかとてもいいと思いました。


130204_2119~01 (2)
こちらはツカサちゃんの弟のシンタロウ君(4歳)が描いて持ってきてくれました。
シンタロウ君は場合によっては鳴り物で参加予定。あくまで本人の気が乗ればの話です。
まだまだちっちゃいから恥ずかしがってやってくれないかもしれませんが、ヘタにコントロールされていない鳴り物の音が絶妙でいいんですけどネ。

ところでこれは「2100」でえぇのかいな??ナゾの数字だよ。

ART Drops

こんばんは。

スガイ鉄工所の日本画家・津田直子さん(通称つだやん)がイベントを開催します。

ココロを潤すART×音楽イベント「ART Drops」
日時:2013年2月4日(月)~2月11日(月・祝)
   10:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:アトサキ7(旧オリオン座跡地)静岡市葵区七間町15
入場無料


2月10日にはスガイ鉄工所でプロパン演奏いたします。13時~と15時から。
アトサキ7のコンテナ内で『河童』をみながらユラユラしたプロパンの響きをお楽しみください。

9,10,11日の3日間は「絵巻物アニメーション」を作るワークショップもあります(要予約)

お問い合わせは
つだやん  アトサキ7

Art Drops



日本画というものをほとんど見たことがありませんでしたが、津田やんの日本画は、モチーフと言うんですか?つまり題材が、骸骨やら河童やら、時には昆虫やらだったりと、「なんだか幻想的でおもしろいなぁ」という感想を抱いたことを覚えています。

でもガイコツなんかは日本画の題材として、そんなに珍しいわけでもないらしいですが。

自分のなかの「日本画のイメージ」とはだいぶ違う作品でしたね。

プロパン演奏は今回は3人。トモミ&ハルミと僕。ゲストでちっちゃな女の子も参加。

通常、楽器って音が出せるようになるのに時間がかかったりしますが、プロパンは誰でもすぐその場で音が出せるからいいですね。

この前の日曜日に作業場で初練習しましたが、その女の子もとても楽しそうに、喜んで演奏してくれました。その子のお母さんの報告によると、家でも夢中になっているらしい。良いことデス。



はぴままカフェ

おはようございます

今日はいきなり早起きして朝トレですよ。
トライアスロン風にいうならば、「ラン&バイク」。ちょっくらチャリに乗って、軽くジョギング。

以前は仕事帰りに藤枝の蓮花寺公園に寄ってよく走っていたのですが、退職してからは完全な運動不足状態。今日走ってみて体が重いという感覚を初めて実感しました。

それはともかく土曜日曜、駿府匠塾でのイベント「はぴままカフェ」にまたまたお邪魔してきました。

2日間とても良い天気で多くの方が来てくださいました。

例によってプロパンは大人気。と言いたいのですが(実際大人気)子供たちにとっては何かが叩ければ何でもいいんでしょうね。

今回もスリットドラムの森さんがご一緒してくださり、そちらも大人気。

森さんは叩くの大好きなので、ずっとデモンストレーションを。はぴまま担当の鉄元さんが、プロパンの説明や紹介などをしてくれるので、僕はエラソーに座っているだけ。

今回は、たまたま持って行っていた「ボーンズ」にどっぷりはまっちゃった子がいました。
リオちゃん(4年生)。30分ぐらいで何とかカタタ・カタタと鳴らせるようになると、ず~っとやっていました。彼女のお母さんが出店していたので2日とも「カタタ・カタタ」と鳴らしていました。

実際、30分足らずで出来るようになるなんてちょっとびっくりしましたが、興味さえ持てば本当に上達は早いですね。これが今回一番の収穫かな。
ほかにもお母さんが出店しているので毎回遊びに来てくれるゲンくんにもサンバのリズムをちょっと教えてあげると一生懸命練習してました。

やっぱり大人でも子供でも叩いているとそれだけで楽しくなりますよ。皆さんも叩きましょ。

リオちゃん、ボーンズはリズムへの入り口に過ぎないからネッ!とにかく身体全体を揺らして楽しむように!!!

動物の謝肉祭

昨日(5月6日)、前回のブログで書いた舞台を見に行ってきました。

プロパノータ2台の音での幕開け。会場内に音が響き渡りました。

会場となったホールは400人収容。ほぼ満席。
ホールはすり鉢上になっているので、さほど広いとは感じませんが、生音でもじゅうぶんな響き。

途中のサン・サーンス「水族館」でも演奏に使われていました。ピアノやバイオリン、管楽器、弦楽器と一緒でしたがプロパンの音は何の違和感も無く溶け込んでいました。こちらも生音。

プロパン用の舞台というわけではないので、その2回のみの登場。

終演後にいろいろお話ししたところ、じゅうぶん使えるとの評価を頂きました。自分で聞いていても特に問題はありませんでした。

舞台もとても良かったです。
まず衣装がとてもカラフルで華やかなので見ているだけでも明るい気分になります。
音楽はクラッシックの生演奏で、演奏者も曲と楽器、演出により入れ替わり立ち代りします。三線や二胡などの音も効果的に入っていました。
弦、管のメロディに三線の一音だけを繰り返し入れた曲が気に入りましたが曲名わからず(クラッシックで聞いたことはあるやつですよ・・)

プロパンでのオープニング後、舞台の両袖、一方には5~6人の演奏者、もう一方には紙芝居を見ている子供たちが数人。

演奏者を見ているのは楽しいし、惹きつけられるものの、目は子供たちに向かいますよね。子供たちがべらぼうにかわいいワケでも、目を見張る演技をしているわけでもありませんが。

踊りと音楽。
踊りは音楽があればより見ごたえがありますが、音楽はそれだけでも十分ですよね。

そう考えると演奏者がもっと前面に出てもいいのでは、と思いますが(今回の舞台ということではなく)、でも演奏している人たちは、きっと自分達より他の人たちを引き立てるために演奏しているんでしょうね。
もちろん踊っている人たちも自己主張ではなく、舞台全体のために踊るわけでしょうが。。。

そういった感じで、「誰が主役」ということではなく、それぞれが自分以外のために舞台に立っているようで感銘深かったです。

「動物の謝肉祭」ということで、その場面その場面でなんとなく合点がいくこともありましたが、私にはどことなく中世のヨーロッパが想像されました。
街角の広場や草原のような場所にどこからともなく「辻楽団」が現れて、人が踊り始める。そんな牧歌的な印象を抱きました。
そもそも祝祭と音と踊りは、そんな始まりがいいですね。

すべて生音。
楽器も使われる場面に適した音量程度を見込んで、大きさやらが決まっていったのかな、なんていろいろ楽しく想像しながらあっという間に時間が過ぎていきました。


と、こんなことを考えるのは、前日にひどくお粗末なライブを見たからかな。
サックスのソロと言うことで、それがお目当てではないものの、どんな感じでやるのかとちと興味があったのですが、ひどいモンでした。身内の応援団が正面に陣取り、その中で盛り上がってる感じ。終わったらゾロゾロと帰っていきました。
まぁ、ライブハウスではごくありふれた風景でしょうが、忘年会の余興どまりにして欲しいモンです。
幸いにして他の出演者に救われましたのでいいのですが。

ほぼ日帰りに近い状態でしたが行った甲斐がありました。楽しみました。

それにしてもこの団体はどんな団体なんじゃろか??
ホームページではエイサーが主体のようにも思えますし、実際この8月にはエイサーでカナダに行かれるとのこと。

来年のGWには、また同じ会場での公演があるようで、そこでもプロパンを使うとか・・・

終演後、ごった返すロビーであまりゆっくりとお話しする時間もありませんでしたが、それが謎ですよ。
















プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード