FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酋長のタイコ

DSCN0187.jpg
今日はちょいと昔に作ったタイコをご紹介いたします。

その昔テレビで、ジャズ界の異端と呼ばれる「サン・ラ」のライブ映像を見ました。

その中に長~いタイコを、サングラスをかけ、ラメ入りの帽子とマントをつけた黒人が(まぁ他のメンバーもみんな帽子とマントのワケのわからない格好でしたが。。そいうの大好き)無表情で、これまた長くて先の曲がったカマのようなバチで叩いていたのです。

つまりワタクシはその姿に打たれてしまったわけです。カッコイィ、ほしい。。。

そんな折にちょうどおあつらえ向きの筒が手に入りました。

私は、花火を作ったり、打ち上げたりする会社の従業員なわけですが、要するに花火の筒のいくつかが不良品となり処分することになったのです。
早速何本か持ち帰り、タイコに仕立ててみたのです。

写真の左奥が、いわゆる尺玉(10号)と呼ばれている花火の筒です。直径約30cm。高さは約1m20cm。なかなかの重さです。
順に8号、7号、6号と続きます。材質はFRP樹脂で、おおざっぱに茶色でペイントしたら、どことなく「木」の風合いが出てきました。ちなみに右手前の黒いタイコは、イタリア製の花火が入っていた入れ物で、ダンボール製です。会社のそこかしこにゴミ箱として置かれていたりしています。
短いものは全て両面違う皮が張ってあります。

手前にある小さいものは、それらを短くちょん切ってみました。

見た目のインパクトもあり、長いものは音も「ドゥ~~ン」と響くので気に入っておりますが、なんせ持ち運びが大変。それほど使う機会もありませんが、もっと使いたいなぁ。。。

今日のタイトルは「酋長のタイコ」ですが、別の機会に見た「サン・ラ」のドキュメンタリー的な映像で、誰かがあの長い太鼓は「酋長の木」で作ったタイコだ、云々 言っていたような記憶があるので、そう名づけてみました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。