FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花火職人

今晩は。

今日は夏らしく暑い一日でしたね。
今日も昨日みたいに雨の一日だと思っていたので、カンカン照りのお日様に、朝からハイテンションでした。

通常、花火大会が重なる山が、7月中に一回、8月の頭、8月第2週、お盆周辺、そして8月20日前後とありますが(7月後半からは毎週末みたいなもんか・・)、今年の私の山は明日の大阪(PL花火芸術)、3日の鹿島(天竜川方面)、4日清水、5日熱海となりそうです。
PL花火の打ち上げは8月1日ですが、PLだけは前日入りでお泊りです。

それ以降は大規模な花火の打ち上げにはあまり参加せず、中規模の打ち上げに行くことが多いですね。ここを乗り切ればあとは問題なさそうな感じ。

今年は新人さんも何人か入り、勝手がまだよくわからない初めての夏に戸惑いながらも頑張っているようです。

「花火職人」なんて言うと「カッコイイネェ」なんて言われたりもしますが、そんなことはないですよ。

「花火」は確かに派手で「華」がありますが、我々の仕事は非常に地味で目立たないものです。

花火の打ち上げ中は点火や、タイムスケジュールの管理に追われ花火なんか見ている余裕もなかったり、打ち上げが終われば、即後片付け。そして闇のなかでの際限のないゴミ拾い。
ドロドロ、グッタリになります。。

深夜過ぎに帰り、早朝にまた出発。みんなよく事故を起こさないと感心しますね。

もっともこの点に関しては、各花火屋さんの余裕度によってスケジュールは違うでしょう。

僕はもう立場がアルバイトですので多少は気が楽ですし、打ち上げ中ものんきに寝てるか花火見物。ちなみに僕はかなり冷めた目で花火を見ています、実際、打ち上がった花火より筒からズドンッと打ち上がるところが好きかな。。。筒近辺に問題がないかよく見てないとね。

僕がお手伝いに行っている「イケブン」さんは、単独で受け持っている花火大会がほとんどで、また規模も大きいので、毎日きりきり舞いしてますが、他の花火屋さんはそうでもないようです。

だいたい花火業界自体はとても零細で、家族経営がほとんどだと思います。新規参入するにも難しく、新たな競争相手が出現するということがほとんどない業界でしょう。

小さな花火屋さんは、昔から続いている地元の村祭りなどの打ち上げが大半ではないでしょうか。
場合によっては8月の上旬で「もう夏終了」ということもあるとかないとか・・・

それはそれでちょっとさびしいような。。

その分、花火ひと玉、ひと玉を丁寧に作り上げていたりしているのかもしれませんね。

イケブンさんは花火製造においても量産型なので完全な分業形態です。
僕もイケブンさんに就職した当時は、もっと伝統的なやりかたで製造している業者にあこがれた面もありました。
しかしその反面、小さな花火大会にしか行けないとなったら、これはこれで「もっとデカイ打ち上げに行きたい」とヤキモキしたと思いますよ。

10年前と違って、現在は多くの花火屋さんがHPを開設して、担当している花火大会の情報や、仕事風景などを載せたりしていますので、花火の仕事に興味がある人はそちらを覗いて、ひとまず夏のお手伝いが出来ないか問い合わせてみるのが良いでしょう。

でも夏に問い合わせても駄目よ。きっと忙しいから相手してくれないヨ。

小さくても風情がある花火が良いか、大きくて豪快な花火が良いか、それは人それぞれです。

基本的に小さな花火屋さんが、大きな花火大会に参加することは難しいです。
ナゼか?大半が筒などの資材が不足している。一回こっきりのために設備投資(筒や保管する倉庫、その時のための人員確保)はなかなか難しいと思います。

また現在は大半がコンピューター制御だったりして、そちらの機材がこれまた高い!

となると、残りの道はどこかの下請けとなり一部分を担当するか。

理想的な形としては、スンバラシイ玉を作り、各コンクール的な花火大会で名を馳せ、ゲスト参加的な形で花火大会の一部を任される。こういう業者さんはごくわずかです。

まぁ、しかし、最後に。残念ながら見に来てくれる人の大半は、花火の内容はほとんど気にしていないんでしょうけどね(笑)。







スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。