FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和太鼓

今晩は。

今日は花火を休ませていただき、御殿場市の「富岳の郷」様にプロパノータの納品に行ってまいりました。

「富岳の郷」は障害を持つ方々が利用される歴史ある施設で、今回のプロパノータは施設全体で行われる催しに職員の方、利用者の方での合同演奏発表にて使用される予定だとのことです。

15台の納品と多数でしたので10日ほど前に一度、そして今日残りを納めさせていただきました。

前回伺ったときに、和太鼓の演奏をされているとお聞きしました。その時ひょっとして「富岳太鼓?」と思ったのですが、申し訳ないことに僕は和太鼓に関しては無知なことが多く、聞き逃してしまいました。
そんな私でも「富岳太鼓」のお名前は何故か知っており、おそらく和太鼓ファンの方々には相当なビッグネームではないかと思います。

アイアート・モレイラというブラジル出身の大御所パーカッショニストの方がある雑誌のインタビューで「なぜ日本人なのに和太鼓をやらず、海外のパーカッションを君はやるんだ?」「和太鼓をやれば世界中で引く手あまただぞ!」と言っていました。

その記事を読んで「確かに何故自分はこんなに打楽器に夢中になっているのに和太鼓に取り組まないのだろうか?」と思ったものです。。

日本人だからと毎日伝統的な和食を食べるわけでも、着物を着るわけでもないわけですから、和太鼓をやっていなくてもおかしくもなんともないワケですけれど、自分自身で気になっていたのです・・・ナゼか?

自分なりの答えは、あの一打入魂的な叩き方と、「決め」のポーズに馴染めないからではないかとのいうことでした(しかし和太鼓からその二つを取ってしまったら、見ていても味気ないものになってしまうと思いますけれどネ)。


後は「手で叩く感触」が好きということも言えるでしょう。バチで叩くのも気持ちいいのですが、いかんせん和太鼓のバチはゴッツイですからね。。

例えばジャンベなどの素手モノの場合「いかに空気を鳴らすか」ということが僕にとっては重要で、その点バチだと打点の音になってしまうのがイマイチ熱中できない理由でもあるのでは、と睨んでいます(鼓童のモノクロームという曲には感銘を受けましたが)。

結局、僕のようなインチキは特に伝統のある打楽器やリズムを、そのままやりたいワケではなく個別にその太鼓の音を楽しみたいだけなのです。無数にある伝統リズムをマスターするより、例えその場限りでもその瞬間に生まれて消えてゆくリズムを楽しめるようになりたいということなんでしょう。

つまりアレもコレも楽しくて、ひとつ、ふたつに絞れないだけでした。。。広く浅く!!

でもその一方で、確かにアイアート先生がおっしゃるように、お互い自国の文化をしっかと身に着けている方がヨソの国では尊ばれるのは事実でしょうね。

日本には様々な愛好家がたくさん居て、僕が聞いたところによると、フラメンコやタンゴなどは本国に次ぐか、もしくはそれ以上に愛好者が居るそうです。それはそれでいいと思います!

それはそうと、皆さん暴走族の特攻服とかみて「変なの」、なんて思ったりしますか?

和太鼓集団やヨサコイって言うの?その人たちは案外その特攻服みたいなユニフォームで颯爽としているんですよね。オイラが思うにあれは日本人の精神性にマッチしているんじゃないかな。

いやいや、日本人に限らず、あのマントヒラヒラは人類共通で一種のスティタスではないでしょうか?ニコライさんも似たようなモノ着ていませんでしたっけ?(ニコライさんとは昔のロシアの皇帝さん)。

ただ、そこにどんな模様を入れるかがそれぞれの文化に違いのような気がしますね。

ところで、あの和太鼓をいくつも並べて叩くというスタイルは、昔からあるのではなく割と近年に始まったようですね。僕が知る限りでは田耕(でん たがやす)さんという方が鬼太鼓座で始められたとか(何年か前に田耕さんが他界されたとの新聞記事を読みましたが)。

もひとつ思い出した!

昔花火の打ち上げでオーストリアに行ったことがあります。EUジャパンフェスタというイベントの締めくくりに花火を打ち上げたのですが、その時一緒の飛行機に和太鼓バンド「GOCOO」の方々が乗っていたんですよね。GOCOOの演奏が終わって花火が始まったと思います。

ウ~ン、惜しいコトしたなぁ・・交流を図ってみるべきでした。。知っていたのですが、何をどう聞いてみようかと悶々としているうちにタイミングを逃しました。。モッタイナイ。

これからはもう少し和太鼓の世界ものぞいてみようかと思います。


富岳太鼓

GOCOO 
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。