FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティーヴ・ライヒ

こんばんは。

今日は先日のライヒ「ドラミング」の中身をご報告。

まずはライヒご本人と当日のメインプレイヤー、コリン・カリーによる「クラッピング・ミュージック」。つまり「手拍子」。

2人で違うリズムを叩いているのかと思いきや、同じリズムをずらしているということ(今読んだプログラムにそう書いてありました)。。なるほど打楽器講座「はりはら塾」でよくやる遊びだな。

この曲は短く3分程度。終了すると今度は我々観客が手拍子、つまり拍手を送る。

2人とも挨拶をして舞台袖に戻り、再び登場。そして挨拶~退場。礼儀正しい人たちです。
なんだか始まりから早くもアンコール的な感じ。

2曲目は「ナゴヤ・マリンバ~2台マリンバのための」。
1曲目同様、拍をずらしながらの展開ということ。約5分。
終了~挨拶~退場~再登場~挨拶~退場と再び礼儀正しく、だいたい2回がワンセットの模様。

3曲目「マレット楽器、声とオルガンのための音楽」約17分。
全員登場(10人)。複数台のマリンバ、グロッケン、声。
プログラムの解説も長文になり意味不明。やっていることは基本的に1,2曲目と同じと思われる。

ステージ中央でおそらく鍵盤楽器を演奏しているリーダーのコリン・カリー氏が時折首を大きく後ろに振ったかと思うと「カックン」と戻す。何らかの合図と思われる。
いくら両手がふさがっているとはいえ、張子の虎の首がグルングルン揺れているみたいでとっても面白い。

終了~挨拶~退場×2回か3回。約20分の休憩。

ラスト「ドラミング~声とアンサンブルのための」約55分。

休憩中にステージ中央に4台のボンゴが配置され、緑シャツの人(奏者)が念入りにチューニング。チューナーは使わず全て耳で合わせる。演奏途中にも一度耳を当てて再チューニング。きっと耳が素晴らしく良いのだろう。これを耳ではなく鼻でクンクン嗅ぎながらやったら…凄いけどカッコよくはナイネ。

男性5人くらいがバチで一斉に叩きだす。プログラムの解説もさらに長文になる。

「同じ音型を4分音符2拍分ずれた位相で叩きあい~云々」

途中からマリンバ3台が入ってボンゴが抜けたり、再び入ったり。

途中ではいる人は手で「1・2・3」とちょうど指揮者が三角形をなぞるようなアクションをして入ったりする。その三角形が見事な鋭角で「ビシィッ」としているので、この人たちはきっと「ドイツ人だ」と思ったらイギリス人でした。

終了~拍手(スタンディング・オベーション)挨拶~退場×4回くらい。

こんな感じでした。

目に入るお客さんたちは誰もリズムを取ったりせず、「ジィーッ」と見ていたのでイマイチだったのかな?なんて思ったりしましたが、みんな大満足だったんですね。ワシも大満足。





スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

マリンバのボロンボロンとした音がすきです。オケで剣の舞をやった時の彼女の完璧なソロを思い出します。

いつだか、豊橋方面でマリンバを使ったクラブイベントがありました。

リズム隊はやはり要でカッコよいですね。

手拍子で曲を作ってゆく愉快なCDがあったのだけど何処いったかな…。

No title

トコさんこんにちは。

長らく放置してしまいました。。。スンマセンです。

トコさんオケ出身ですもんね。今度いろいろプロパンに合いそうな曲など教えてくださいな!

プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。