FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大曲

こんばんは。

秋田県の大曲の花火、行ってまいりました。。遠かったなぁ。。。

好天に恵まれ、むしろ「まだこんなにも暑いんだ」という状態で汗だくでしたが、聞くところによると、案外雨にたたられることが多いのだそうです。

僕は今回で2回目ですが、どちらも好天の印象が強いのでちょっと意外でした。

おそらく毎年そういわれていると思いますが、今年も「イケブンさんは2名だけですか」と、大会関係者の方や同業の方に声を掛けられました。

花火自体の準備は滞りなくお昼前後には終わり、その後は安全祈願の神事や、全国的にも珍しい「昼花火」のコンクールなどがありました。

午後過ぎからは観覧席も入場が始まり、夕方の昼花火の開始時にはもうお客さんでビッシリ。

昼花火は各社、各色さまざまな煙柳などを使っていましたが、夕方のその時間は上空の風が強く、形が崩れてしまうものが多く、やや残念でしたね。

夜の部はそれぞれ10号玉を2発と、創造スターマインの競技。

10号玉はいわゆる多重芯と呼ばれ、簡単に言えば、「綺麗にそろった丸を幾つ花火の中にまとめることができるか」という感じです。

多くの業者が3重芯や4重芯を綺麗に出しているのを見てちょっとびっくりしました。
以前来た時には上手く出ない花火も結構ありましたからね。

どれもこれも甲乙つけがたいものだけに、きっと採点するのも大変でしょうね。
しかし綺麗な花火はたいてい開いた瞬間にわかるので、そのわずかな差で順位が付けられているのかもしれません。

一方のスターマインは優劣の判断が比較的付けやすかったと思います。

「ゴチャゴチャかスッキリか」

全ての業者が音楽付きの打ち上げをしていますが、大半が選曲の時点で失敗していると思います。

個人的には流行のポップスやロックなどは単なるBGMでしかないと思っています。そしてそういう曲だと多くがゴチャゴチャになる傾向が・・・


翌日には表彰式があり、作曲家、華道家、作家の各審査員の講評がありましたが、みなさんそれぞれ直接的な言及は避けておりましたが、その道のプロの目から見た選曲、引き算による美の引き立て方、タイトルと構成など、遠まわしに「なってませんヨ」と言っている気がしました。

その中でも内閣総理大臣賞(つまり総合優勝)をされた山梨県の「山内煙火店」さんは、審査員の方々が仰っていた3要素を見事に表現されていたと思います。

現場で見ていても山内さんを超える花火はないと思いました。「追随するかも」と思われた花火屋さんもありましたが、星が地面に落下(つまり燃えたまま地面に落ちちゃうこと⇒減点対象)したりでしたが、結果を見ますと、さほどの減点ではなかったようにも思われます。

我らが「イケブン」さんは10号玉で入賞しましたが、スターマインでは残念ながら圏外となったようです。イケブンさんは打ち上げ後に音楽が残り、そのため審査員、関係者の間では、「何らかのアクシデントにより花火がすべて打ち上がらなかったのでは」という憶測があったと聞きました。

その部分が多少マイナスに働いたかもしれませんね(全部打ち上がっていましたのであしからズ)。

夜の部は風がほとんどなく煙が停滞してしまい、タイミングによっては「ほとんど見えない」状態の花火もありましたが、こればっかりはしょうがないですね。

昼花火昼花火

昼花火昼花火

オープニング ナイアガラの滝オープニング ナイアガラの滝

自分でも何を撮ったのかわからん・・自分でも何を撮ったのかわからん・・

綺麗に撮るって難しい・・きれいに撮るのは難しいネェ・・


明日は夏の締めくくりにワケありで「富士山」に登ってきます。










スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。