FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町工場展

こんばんは。

17日火曜日(もう当日ですが)より沼津市の「AZ_GALLERY」さんにて「町工場展」が開催されます。
お話をくださった苺工場長と一緒に、午前中、展示品の搬入をしてきました。

苺工場長はイベント出展には手慣れたものですので、商品の見せ方や什器などもしっかりとしているんですよね。
今回は、そんな工場長を見習って自分でもそのあたりをもう少し工夫しないと・・とは思っていたのですが、まだまだ全然至らないトコだらけという点が、早くも露呈してしまいました。。。。

特に今回のように不在での展示では、準備した商品説明では不十分かと思いました。が、長々とした説明もどうなんでしょう。

僕の場合は楽器ですので自由に叩いてもらうことを前提としています。
子供たちがたくさん来る場所では勢い余って倒しちゃうことなんかもあるので、一応傷がついてもいいように試作品を展示させていただいてます。
まあ商品も3万円前後するので、イベント会場で売れるとも思っていませんけれど。

しかし出展するたびに赤字ではこちらも厳しいので、オモチャ的なものとして今回は「タンカン・フォン」というものを持ち込みました。

名前の通り建築現場で足場などに使われる「単管パイプ」を切ってフタと底をつけたいわゆる「ベル」ですね。

最初に何本か作った時には、どれもいい響きだったので「これは楽しいな」と思いまとめて作ったところ、鳴りにかなりのバラつきが出ました。
パイプの長さを少しずつ変えて、またまた「ドレミファソラシド」も作っちゃおうと目論んでいたのですが、長さと音の関係もまったくデタラメ。お~~きく、当てが外れました・・・

ついでにもう1個問題点。

僕の作業場は床がカーペットなので直接床に並べて叩いても響くものは響くのです。ですが板材や、テーブルの上では響きが損なわれますので鳴らない。。

「カウベル」のように手で持って鳴らすのは問題ないですが、手で持てるのは2個まででしょう。

2個じゃつまらん!のですよ。 最低でも4個ぐらいは並べないとね。

そんなわけで4個付けられるスタンドを作ってみたらこれが案外重い。さらにスタンドに付けると鳴るものと鳴らないものがはっきり出る始末。。。

「プロパ・ドゥ」も会場により音が大きく左右されます(もともと生音は小さいですからね)。

日曜日には私も在廊いたしますが、その前に来られた方からは厳しい評価を下されることはやむを得ないことでしょう。



いろいろな意味で「展示」というものを深く考えさせられた良い経験でした。。

まだまだ道は険しい。


DSCN0931.jpg 工場長の苺がいっぱい DSCN0932.jpg

DSCN0914.jpg  DSCN0916.jpg  DSCN0924.jpg
DSCN0920.jpgこれがタンカン・フォン
DSCN0928.jpg
これは通称「タンカン・ザウルス」。背中にいっぱいタンカンを刺して叩きまくりを狙ったところ、鳴らない。















スポンサーサイト

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。