FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未知なるもの

こんにちは。

前回からかなり間が空いてしまいました。。マメになることが自分にとって最大の課題ですが、なかなかそうはいきませんね…

昨日は日本を代表する打楽器奏者の一人でもある『安江佐和子』さんからお知らせをいただき、東京都交響楽団の定期演奏会を見に行ってまいりました。

サワコ
安江佐和子

作曲家の安良岡章夫さんが独奏打楽器とオーケストラのために書いた作品で、安江さんがその独奏打楽器を担当されたのです。

ステージ中央には大小さまざまな打楽器群が並べられ、周囲を管弦楽器が取り囲んでいました。
通常独奏者はステージの前面で演奏するそうですが、太鼓群が前面に来てしまうと他の演奏者が指揮を見ることが出来なくなるため、あえて中央に並べたそうです。

その結果、僕にはまるで樹木に囲まれたジャングルの中で、獲物を狙って動き回る黒豹を連想させるようでとても良かったです。

この作品では場所と音の効果を最大限に利用するということで、観客席にも太鼓奏者、管楽器奏者が一名ずつ配置され、前後からの響きを味わうことが出来ました。

予期せぬところから鳴り響く音にはテンションが上がりますよね!

とても小さな音での太鼓のロールから始まりました。
叩く位置を少しずつずらしていくので、リズムだけでなくメロディも感じることが出来ます。

安江さんのしなやかな身体の使い方や、躍動感のある音など目と耳でたっぷりと楽しんできました。

要所要所で後ろから響く太鼓の音も、とても効果的だったと思います。

約20分間、終了時には安江さんが汗だくになっているだろうことが観客席からもわかりました。

太鼓群を外し、そのほかの演目が行われましたが、残念ながら僕の好みではありませんでした。
同じく安良岡さんが「ヴィオラ」のために書いた作品、およびシェーンベルグの作品です。

おそらく現代音楽に当てはまると思うのですが、連続したメロディというよりも部分をつなぎ合わせたようなものはどうも苦手です。リズムに乗れない・・・そもそもああうのはリズムやグルーブというものがあるのかなぁ????

昨日の演奏をきっかけに、今後そちらのジャンルにもアンテナを張ってみるのも面白いかと思えました。

ミュージシャンの近田春夫さんが「ワカラナイものってさぁ、すぐに批判するじゃない?それじゃおもしろくないから、とりあえずワカラナイものはいいものなんだ!!って思うようにしない?」ってなコトを言っていたそうです。

これは友人の鉄元さんにきいたのですが、「面白いなあ」と思い僕もそう考えてみることにしました。

演奏会は東京の上野が会場でしたから、朝から上京し浅草にある老舗の打楽器専門店「ジャパン・パーカッション・センター」にもご挨拶に伺ってきました。
JPC.jpg JPC2.jpg
コマキ楽器

所狭しと打楽器が並ぶ店内は我々には堪らない空間ですね!!

来月、鉄元さんの計らいで僕が敬愛する「仙波清彦師匠」のところにお邪魔するので(鉄元さんは師匠のお弟子さんです)、そのままJPCへも楽器を持ってお邪魔して、もし可能ならプロパノータを置いてもらえないかと思っているのです。

実は去年の同時期に、やっぱり鉄元さん、安江さんとJPCへ楽器を持ってお邪魔しているんですがね。

JPCのマネージャーの方も憶えていてくれましたが、来月は実際に「お仕事としてまとまるか」のお話をさせていただくことの了承を得てきました。

どうしても僕は作ることばかりになってしまい、宣伝がおろそかになっていますからね。。。

「おまけ」というよりはこちらもメインイベント級ですが上野の科学博物館で「恐竜展」にも行ってきましたヨ。
恐竜2  恐竜

スポンサーサイト
プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。