スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tuk- pak

今晩は。

先週の土曜日(24日)、山中湖にある「富士急オーナーズサロン」(つまり別荘をお持ちの方々のご案内などをするオフィスですね)で行われた、打楽器ユニット『Tuk-Pak』さんのサロンコンサートに行ってきました。

音大で打楽器を専攻された方3人組のユニットです。

mail[1]


きれいな女性二人が主にマリンバ、ヴィブラフォンでメロディを奏で、男性が各種打楽器を操り心地よいグルーブと美しい旋律が響き渡ります。

打楽器奏者の熊本比呂志さんとは3年ほど前に一度、藤枝の山奥の演奏会を見に行って以来の再会でした。

熊本さんは皆さんが打楽器のイメージで浮かびやすいジャンベやコンガ、カホンはもちろんのこと、フレームドラムやボーンズといったあまりメジャーではない打楽器も見事に操り、そんなこんなでたまにスケジュールをチェックしていたのです。

3年前は試作のプロパノータの感想をいただきに行き、今回はだいぶ良くなったプロパノータを再び見てもらいました。

嬉しいことに熊本さんだけでなくマリンバ、ヴィブラフォンの三宅さん山口さんも食いついてくださりとても良い感想をいただけました。

その場にいらしたお客さんやオフィスの方々も興味津々といったご様子でケガを押して出かけた甲斐がありました。


さほど大きな会場ではありませんので、お客さんのすぐ目の前で演奏してもらえ、もちろん生音です。

楽器それぞれの音色はもちろんですが、演奏者の表情も間近で垣間見ることが出来るのでぜひこういったコンサートが各地で気軽に見ることが出来るようになるといいねです。

曲目はクラッシックからラテン、民族と様々でどれも素晴らしかったです。

中でも「アフリカン ブルース」というマリンバデュオのために作曲された曲はめちゃくちゃカッコ良かったです!!
アフリカンと言っても土着的な雰囲気ではなく、かなり洗練され都会的な美しい曲だと思いました。

好みは各自それぞれですが、初めて見ても自分が好きなものってほんの数秒でわかりますよね。
この「アフリカン ブルース」はそんな感じで、激しくてグルーブがあって出だしから身体がうずいてきます。マリンバ用の曲だからかユーチューブで検索してもなかなか無いみたい。。。

ユーチューブafrican bluse

mail[2]



演奏は2部構成で、途中熊本さんがプロパノータを使ってセッションをしてくれました。

セッションと言っても僕がやるようなテキトーではなく、名前は忘れましたが皆さんが知っている夏の曲を「演奏」してくれました。
さすがにしっかりとしたバックボーンがあるかたですから音階をちゃんと使い分けての即興でした。

三宅さんがマリンバで伴奏をして、山口さんは鳴り物、ヴィブラフォンでちょっとした味付けを加えての演奏でしたが、多分直前にチョイチョイって感じで決めたんだと思いますが、見事でした。

でもそのセッションで一番心打たれたのはマリンバの低音でした。
軽~く触れてる程度で「ズ~~ン・ズ~~ン」と深い音が響き渡ります。

やっぱりねぇ、オーケストラ楽器はスゴイ!!

そんな感じで久々に外に出て良かったです。

けがしてから3週間、ほとんど何もせずにボンヤリ過ごしてましたので、昨日から仕事も始めてみました。
まだ腫れも引かず、何をやるにもだいぶ時間がかかりますねぇ。

診断では全治10週間。まだ3週間だし先は長い。早く良くなるといいっすね!!

熊本比呂志
Tuk-Pak
三宅まどか
山口真由子
富士急オーナーズサロン
スポンサーサイト

プチ入院

こんばんは。

フェイスブックで軽くお知らせいたしましたが、不本意ながらちょっとした事故にあい入院していました。

花火による事故ではなく、花火の打ち上げが終わり会社に戻ってトラックの積み荷を降ろしている際に、ちょっとトラック同士に挟まれ左足、ふくらはぎの骨がポキンと折れてしまいました。

状況説明は割愛しますが、不幸中の幸いで、複雑でもなんでもなく単純骨折。

入院していても特に有効な治療はないので自宅療養です。きょう(9日)退院しました。

ご心配をおかけいたしました。

病院を調べてお見舞いに来てくださった方々、本当にありがとうございました。
診てくださった先生、看護士さんお世話になりました。

こう言ってはなんですが、今回の入院は自分にとってはある種「理想の入院」でした。
昔からちょっとした入院を体験してみたかったので・・深刻な病状の人を前にしては言えませんが。。

そりゃぁ、ちぃっとは痛かったけれど、ただの骨折で約1週間。あこがれの病院食も堪能し、看護士さんたちからも至れり尽くせりとなれば「入院冥利に尽きる」ワケです。

イヤ、ちょっと誇張しちゃったかな。。。けっして看護士さんたちが「ハイ、アーンして」なんて言ってご飯を食べさせてくれるなんてことはありませんからね。

正直に言えば、みなさん忙しく立ち回っている中、ナースコールを押して「オシッコー」だの「ウンコー」だのはなかなか言えない。。そんなわけで最初の2日くらいはトイレも1日一回でした。
松葉づえの許可が下りてからは、トイレの回数も増えましたが。

実質、放置ですよ。まぁ、それくらいの不干渉がちょうどいいわけです。何かあればすぐに駆けつけてくれるという絶対的な安心感の中での放置は楽でいいネ。

実家には一応連絡がいきましたので、世話役として千葉から母が来てくれました。が、驚いたことには母の隣には父もいた・・・これにはびっくり。出不精で有名な父が(ワシの出不精は父譲りでコレハ遺伝デス)。まっ、オトッツァンはそのままとんぼ返り。

しかし、大したことでもないのに40過ぎのトッツァンのお世話係にママを呼ぶなんて・・これはちと恥ずかしい限りでした。もちろんママには感謝してますが、特に用もなかったので早々にお引き取り願いました。

そんなママが差し入れてくれた、今巷で大流行の「半沢課長」の原作本を帰ってから読みふけっていたので退院のご報告がこんな時間になってしまいました。


今日(9日)はお昼に退院し、そのまま元の職場に挨拶に行ってきました。

8月前半の山場を切り抜け、みんな元気に仕事をしていました。最大の山場はお盆から20日まで。
毎年毎年「間に合わない、間に合わない」ときりきり舞いしていますが、イケブンさんには、そう言いながらも何とか無事に切り抜ける底力があると思います。

地元、蓮花寺の花火大会を病室で迎えましたが、当日は看護士さんや患者さんたちも花火の話題をたくさん口にしていました。

打ち上げに行っている人には直接届かない声ですが、たくさんの人が花火を楽しみにしてくれているようです。

疲れもたまり、キツイでしょうが、残りの花火も無事に打ち上がることを切に願っております。

途中リタイヤという予想外の結果になってしまいました。まだすぐにプロパンには取り掛かれませんが、足の状態を見ながら出来ることを進めます。

取りあえずもう朝ですので、今日はエアコンの効いた図書館で世界に発信すべくHPのスペイン語版計画をススメタイッ!

その前に1週間風呂に入っていないのでお風呂だね。患部にはちょっとした縫い傷があり、そこは濡らさないようにと言われているので、どうやって風呂に入るか検討せねば・・

最後に一応念押ししますが、私は生まれてこのかた、母を「ママ」と呼んだことはございませんので、「ヤツはマザコンだ!」などの噂が発生しないことを願います。発生したってどっちでもいいけどね。







プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。