スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山征服!!

こんばんは。

昨日は「念願」じゃないけど富士山に登ってきました。

ある企画に便乗しての登山で、急な話でもあり当初は自分一人で登るつもりでしたが、情報収集中に同行者も現れ、3人で挑みました。

メンバーはタイコ仲間で藤枝「ポット」のアンドーさん。
情報収集で立ち寄った静岡の屋台カフェ「チェ」でブラブラしていたマッチャン。

ちなみに「チェ」では去年からお店で富士山登山をしております。

3人とも初富士山のド素人。

経験者の話も様々で「余裕、余裕!」という人もいれば「なめたら痛い目に合うよ」という人も。


夜中の11時に一番簡単だといわれた富士宮口から登り始め、評判通り6合目まではあっという間。若干休んで7合目へ。

もう、オイラは、そこで、くたばりました!!!

山頂で楽器を叩くというお話に便乗したので、登山には全く関係のないプロパンやらスタンドやらドラやら鳴り物やらをリュックに詰めて行ったのですが(本当は僕は持って行かなくても良かったのですが、張り切って持ってっちゃったんですよ・・・)
それが大失敗。重いったらありゃしない。。。

帰宅してためしに計ったら10キロチョイありました。10キロなんて山ボーイ、山ガールにすればどうってことないかもしれませんが、「僕は登山家ではナイッ!!」


しょっぱなから本当に「ダメだ、とんでもないことしちゃった・・・」と思いました。

僕は一応南米で4000mか、もしかしたら5000mくらいまで登ったことがあり、高山病の症状なんかも一切出なかったのです。
だいぶ昔の話ですし、南米の街自体が高地にあることもあり、すでに順応していたのでしょう。
だいいち、富士山のように急角度ではなくもっとなだらかでしたよ。

とにかく「昔大丈夫だったから今でも大丈夫」と過信はしていませんでした。

登るにしたがって息苦しさなんかは感じなかったのですが、それでも基本的に「超弱気状態」。
ちょっとクラッとしたりすると「ヤバイ!高山病の症状か?」なんて不安がグルグルよぎるワケですよね。。。

アンドーさんとマッチャンも「7合目までが一番つらかった」と言っていたように、それ以降は多少身体も慣れたのか、苦しみながらも登り切りました。

マッチャンは一番若く(28歳)、自転車でのメッセンジャーや、昔はプロボクサーを目指していたようで基本的に体力はアリ。

アンドーさんには驚きました。テンポよく一番ハイペースで登って行き、下山も走るように降りて行きましたからね。

2人で「男40代、なんか悩み事を考えながら登ろうよ」と話していましたが、悩むどころじゃないッス。目の前の一歩のことしか考えられない。。。

最終的には、別行動で前日から登っていた主催者グループと山頂で無事に落ち合うことができ、一応自分の役割を果たせたので、下山は気が楽でした。

今日はひどい筋肉痛と、肩の痛みに悩まされるかと思いきや、ほとんどそれもなく(明日が筋肉痛本番か?)、昨日までは2度と登らないと思っていましたが、ケロッとしてます。

たぶんみんな「別にもう一回くらい登ってもいいカナ」なんて思っちゃってるんだよ。
懲りないねぇ。。

唯一といっていいほどの写真が一枚(御来光ですよ)上手くアップできない。。。

証拠がないのでこれではただの夢物語だね。。。


スポンサーサイト

大曲

こんばんは。

秋田県の大曲の花火、行ってまいりました。。遠かったなぁ。。。

好天に恵まれ、むしろ「まだこんなにも暑いんだ」という状態で汗だくでしたが、聞くところによると、案外雨にたたられることが多いのだそうです。

僕は今回で2回目ですが、どちらも好天の印象が強いのでちょっと意外でした。

おそらく毎年そういわれていると思いますが、今年も「イケブンさんは2名だけですか」と、大会関係者の方や同業の方に声を掛けられました。

花火自体の準備は滞りなくお昼前後には終わり、その後は安全祈願の神事や、全国的にも珍しい「昼花火」のコンクールなどがありました。

午後過ぎからは観覧席も入場が始まり、夕方の昼花火の開始時にはもうお客さんでビッシリ。

昼花火は各社、各色さまざまな煙柳などを使っていましたが、夕方のその時間は上空の風が強く、形が崩れてしまうものが多く、やや残念でしたね。

夜の部はそれぞれ10号玉を2発と、創造スターマインの競技。

10号玉はいわゆる多重芯と呼ばれ、簡単に言えば、「綺麗にそろった丸を幾つ花火の中にまとめることができるか」という感じです。

多くの業者が3重芯や4重芯を綺麗に出しているのを見てちょっとびっくりしました。
以前来た時には上手く出ない花火も結構ありましたからね。

どれもこれも甲乙つけがたいものだけに、きっと採点するのも大変でしょうね。
しかし綺麗な花火はたいてい開いた瞬間にわかるので、そのわずかな差で順位が付けられているのかもしれません。

一方のスターマインは優劣の判断が比較的付けやすかったと思います。

「ゴチャゴチャかスッキリか」

全ての業者が音楽付きの打ち上げをしていますが、大半が選曲の時点で失敗していると思います。

個人的には流行のポップスやロックなどは単なるBGMでしかないと思っています。そしてそういう曲だと多くがゴチャゴチャになる傾向が・・・


翌日には表彰式があり、作曲家、華道家、作家の各審査員の講評がありましたが、みなさんそれぞれ直接的な言及は避けておりましたが、その道のプロの目から見た選曲、引き算による美の引き立て方、タイトルと構成など、遠まわしに「なってませんヨ」と言っている気がしました。

その中でも内閣総理大臣賞(つまり総合優勝)をされた山梨県の「山内煙火店」さんは、審査員の方々が仰っていた3要素を見事に表現されていたと思います。

現場で見ていても山内さんを超える花火はないと思いました。「追随するかも」と思われた花火屋さんもありましたが、星が地面に落下(つまり燃えたまま地面に落ちちゃうこと⇒減点対象)したりでしたが、結果を見ますと、さほどの減点ではなかったようにも思われます。

我らが「イケブン」さんは10号玉で入賞しましたが、スターマインでは残念ながら圏外となったようです。イケブンさんは打ち上げ後に音楽が残り、そのため審査員、関係者の間では、「何らかのアクシデントにより花火がすべて打ち上がらなかったのでは」という憶測があったと聞きました。

その部分が多少マイナスに働いたかもしれませんね(全部打ち上がっていましたのであしからズ)。

夜の部は風がほとんどなく煙が停滞してしまい、タイミングによっては「ほとんど見えない」状態の花火もありましたが、こればっかりはしょうがないですね。

昼花火昼花火

昼花火昼花火

オープニング ナイアガラの滝オープニング ナイアガラの滝

自分でも何を撮ったのかわからん・・自分でも何を撮ったのかわからん・・

綺麗に撮るって難しい・・きれいに撮るのは難しいネェ・・


明日は夏の締めくくりにワケありで「富士山」に登ってきます。










ラジオ

以前SBSラジオの「録音風物誌」という短い番組でプロパノータを取り上げていただきました。

この番組は全国の33のラジオ局がそれぞれの「録音風物誌」を作り、全国各局で放送されるというものでした。

何と嬉しいことに、SBSラジオで製作されたその番組が全国の「録音風物誌」のベスト10に選ばれていた模様で、さらに、今後もしかするとより上位にランクインするかもしれないと、担当のディレクターさんからご連絡をいただきました。

上位に入ったからと言って「どうだっ、スゴイだろぅ」というわけではありませんし、僕自信が何かをしたわけでもなく、ディレクターさんの調理方法が優れていたのだと思います。

実際10分足らずの内容ですから、その中でまとめ上げるのはとても難しいお仕事だと思いますよ。

今年は「SBSラジオ開局60周年」だそうです。

その節目の一環として「静岡の音」に着目されていて、こんごも機会があれば「プロパノータ」の音をご紹介してくださるということです。

さっそくで驚きですが、

今週25日の土曜日AM7:00~、SBSラジオ「山田辰美の土曜はごきげん」のワンコーナーで流れるようです。

具体的な時間は9時25分前後。

当日、私はその時間は秋田にいるので生放送を聞くことはできませんが、ご都合よろしければ聞いてみてください。

取り上げられたから言うわけではありませんが、作業中は僕もよくSBSラジオを聞いています。「らぶらじ」おもろいッス。

最後のひと仕事

まだまだ残暑が厳しいですね。

いよいよ今週で夏の花火も終わり。9月からはプロパンに戻ります。

そんななか最後の打ち上げはなんと秋田の「大曲」25日(土曜日)。これにはみんなビツクリ。。もちろんワシもビツクリ!!!

「ナゼにオイラが???オイラでエェのかな??」

「よそ様の花火を見て勉強してこいってコト??」


「大曲」には在職中に一度いった事があります。

だいたい金曜日の日中仕事をして、夕方前に出発。ひたすら東北道を北へ12時間。

明け方に着いてちょっと仮眠をしてから準備開始。車の外で仮眠をしていたらもう寒かったような記憶があります。

打ち上げ現場と川を境にした観客席側は、すでに待ちかねているお客さんのテントがびっしりと並んでいて、その光景を見るとちょっとテンションが上がりましたね。

全国から選抜された28社によるコンクール。
他の花火屋さんはどこもグループで来ていますが、我々は毎年大曲の日にも複数の打ち上げがあるのでいつも2名のみ。

僕がお手伝いに行っているイケブンさんは業界でも最大手と呼ぶにふさわしい位置づけだと思いますが、さすがに2名だと肩身が狭いヨ。

コンクールですからそれぞれの持ち分は少ないので、いくつか興味のある花火屋さんの花火をゆっくり楽しませてもらおうかと思います。

それはそうと焼津のラストの2尺玉を皆さんご覧になりましたか?

見事な玉でしたね!

噂によるとあれも若手の田中君が作ったものだとか。。真偽不明。

念のため言っておきますが、誰が作ったものなのか確かめようと思えばもちろん確認は取れますよ。




山場

昨日の袋井の花火も、片付けの最中に雨が降ってきたようですが、無事に終わり、いよいよ今週が最大の山場になりそうです。

天気が崩れるようですが、焼津が雨天延期などになったら、てんやわんやデスヨ。

前回軽く紹介した、焼津の2尺玉、どうやら3本でも、5本でもなく7本くらいあるようですね。「くらい」というのは、中には「6本」という声もあったのであいまいな表現にとどめたわけです。

自分では7本がどうやら正解ではないかと睨んでいますが、正直なところどっちも大差ないので、つまり「そんぐらい」というわけです。今年は豪勢ですね。

確かめたい方は当日、現物をご覧ください。(と言っても、とうの昔にプログラムが配布されているのかな??)

一応、会社の名誉のために言っておきますが、正確に知ろうと思えばすぐに、たとえば明日の朝にでももちろんわかりますので、念のため。。。

昨日の袋井は僕は行きませんでしたが、おとといの島田には行きました。

2尺玉は若手職人の田中君が作ったもののようですが、若干、楕円になってしまいましたね。
中の芯は上手くまとまっていたと思います。

オープニングの直後に、誤って大半の花火が打ち上がってしまったようですが、点火器の誤作動なのか、入力プログラムのミスなど人為的なものなのかよくわからないそうです。

ちなみこれらは我々ではなく、ほかの花火屋さんでのことです。(島田は数社で打ち上げますからね)

ごくまれに、説明のつきにくい誤った打ち上げが起こります。

個人的には人為的なミスが大半だと思っていますが、正確な原因を突き止めようにも、打ち上げ後にゆっくり検証しているわけにもいかず、部分的に上手くいかなかった場合などでも、導火線には火が入っていたりするので、「その瞬間」を再現することは難しく、その結果、推測の理由になってしまいます。

この部分が電器点火の難点ですね。
始まる前にはもちろんチェックをして、問題がないことを確認するのですが、やっぱり打ち上げてみないとわかりません。

昔みたいに手で火をつけられると楽なんですがねぇ。。ここ最近はほとんど遠隔点火。その分準備も何倍も大変。

しかし、何はともあれ安全第一ですからね!


今後の日程

こんばんは。

毎日暑い日が続きますが、もう暦の上では秋なんだそうですね。
朝夕の空気もなんとなく涼しげになりましたね。

そうなってくると、夏が終わる安堵感と同時に、終わっちゃう一抹の寂しさを感じます。結局毎年な~んも夏らしいことしないで終わっちゃうからネェ。。。

さて7月後半から8月の頭にかけての花火の山場も無事に乗り切り、まもなく後半の山場に突入。

花火大会予定と見所などを軽くご紹介。

8月10日 『島田の花火』

 ラストに直径60センチの2尺玉が上がります。

8月11日 『袋井遠州の花火』

 確か静岡県下最大規模。全国から花火業者が参加するコンクール形式。
 長野県の青木煙火さんと愛知県の磯谷さんのワイドスターマインはきっと見応えがあるでしょう。
 大仕掛けがあったり、コンクールがあったり内容盛りだくさん。
 でもすごい混雑ですよ。。

8月14日 『焼津海上花火

 こちらも2尺玉が上がります。3本でしたっけ?ひょっとしたら5本でしたっけ?

 打ち上げに行くからと言って内容をちゃんと知っていると思ったら大間違いですよ。
 去年も打ち上げに行ったからって、内容をちゃんと覚えているかと思われても大間違いですからね

8月15日 『川根の花火』

 正式名称はなんていうのでしょう?我々は「家山」と呼んでいますが・・

 地区の真ん中にある「野守の池」にイカダを浮かべての水上花火や池を横断する80mのナイアガ  ラの滝。終わりの方には池からそこそこの大きさの筒に小さな花火を「こらしょっ」て詰め込んだ  打ち上げがあります。見応えじゅうぶんですが一瞬で終わっちゃいますのでお見逃しなく。

 ここは大きな花火大会ではありませんが、里帰りを楽しむ方々や、お盆の風情が十分感じられるな  どとても好感の持てる現場ですね   

8月16日 『網代花火大会』
      
 熱海市網代漁港。打ち上げ場所と観覧場所が近いので、苦肉の策として筒を斜めに設置しての海上  打ち出し花火が見ものです。
 複数箇所から間髪入れずに花火が上がるテンポ感が気持ちいい。

8月18日 『世田谷区花火大会』

 東京では数少ない10号玉(尺玉)がジャンジャン打ちあがります。コンピューター制御のデジタ  ルスターマインや、円形に見立てられた会場から花火がズドドンッ、ズドドンッて上がります。

 同日には川崎市側でも花火大会があり、一度に2つ観覧できるこのお得感。混雑度大。
       
 (注)尺玉ジャンジャンは大げさかもしれません。。感じ方は千差万別ですからね。尺玉の本数は     未確認(確認予定ナシ)

8月19日 『熱海海上花火大会』

 会場と打ち上げ現場の位置関係がよく、テンポ感や内容などじゅうぶん楽しめる花火だと思います。 しかし「こだわりの一品を見たい」などという「通の人」にはイマイチかも。。。

8月20日 『伊豆山港 サザエ祭り』
8月21日      
      
 熱海市伊豆山港。2日間に渡り行われる「サザエ祭り」での打ち上げ。
 伊豆山港本番の花火は先だって終了し、サザエ祭りの花火は多少規模が縮小します。

 網代同様、斜めに設置された筒から海に向かって打ち上げられます。

 この前の伊豆山の花火のラストはかなりの大迫力で、ちょっとビックリしましたよ。

8月20日 『鬼岩寺花火』

 地元藤枝、蓮花寺公園脇にある「鬼岩寺」の奉納花火。盆踊りの合間に花火が上がります。
 たぶん混雑度低。
 「お夜食にドウゾ」ってご用意してくださるおにぎりが絶品!!
       
 (注)おにぎりは皆さんの分はアリマセン。花火屋さんに、です。

8月23日 『住吉港の花火』

 港の防波堤を使っての花火。藤枝の花火屋さん2社の競演。以前はボートから花火を海に投げ込   み、まさしく海上で爆発させていましたが、危険なので止めてしまいましたね。

 混雑度も低いので、夏の終わりに軽く花火見物でもどうですか?もちろん屋台も出てますよ。

8月25日 『熱海海上花火』
8月26日

8月25日 『鹿島の花火』 浜松
     
 普段は8月上旬に開催されますが、今年は下旬に。
 天竜川の川原より打たれる花火が、周囲の山に反響してお腹に響きます。

 藤枝と浜松近辺の花火屋さん2社の、計3社での打ち上げ。

8月25日 『大曲花火大会』 秋田県

 日本で最も格式の高い花火コンクール。全国から選抜されたウデ自慢30社による競演。

 秋田・・遠いネェ。

もちろんすべての打ち上げに行くわけではありませんからね。

夏後半も何とか好天が続いてくれると助かりますよ。

プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。