スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞑想図

こんばんは。

ここ何日か、遠方よりお客様が訪ねて来てくださいました。

この先の展開が楽しくなるようなお話などもあり、ワクワクしますね。

そんな矢先、いよいよ夏到来ということで、花火のお仕事からも声を掛けていただけました。

ということは、プロパンちょっと停滞か。。。。

まっ、それはそれとして、インド古典音楽の瞑想図ご一行が、我が家にお泊り下さいました。

静岡のカプーでのライブを皮切りに、各地を転戦していくようです。

瞑想図のことは過去にも何度か触れていますので、今回は割愛。例によって堪能したことは間違いありません。

ガタム
作業場にて瞑想図リズム隊のひとコマ。
このツボ、ガタム奏者の久野さんが叩くとスペシャルですヨ。
スポンサーサイト

DON幸庵 ライブ

昨日の「DON幸庵」さんでのライブ、とてもよかったと思いました。

店主の鈴木さん、お越しくださった方々、ありがとうございました。

自分たち凪では良い部分も悪い部分もありました。

我々はどうも練習や本番前の音合わせにしても、「うん、いいね、オッケー!」で行ってしまいますが、もっと細部を詰めて、繰り返し練習するということが欠けているナァ、と石田さんともお話ししました。

丸山君をはじめ、荒井さん、渡辺さんの演奏に対する姿勢や、紡ぎだす音楽を見て、石田さんと2人、強く感じたのであります。

お三方の演奏はもちろん素晴らしく、ピアノの渡辺さんは初めてお会いしましたが、とてもグルーブが出ていて大変上手な方だと思いました。

一つ、難しいと思われるのは、凪のメンバーは、どちらかと言うと、誰も自分たちをあまり主張しない、むしろ共演者やほかの要素に配慮する面が強いのかもしれないということです。

これは別にほかの人たちの主張が強いというわけではありません。

ただ凪を応援してくださる方もいらっしゃいますので、もう少し押しがあってもいいのかなぁ、と思った次第です。

それはそうと、当日の午前中に、出演者の一人から「ちょっと風邪気味だけど、焼いたネギを食べて風邪対策をする」という連絡がありました。

焼きネギの風邪対策と言えば「焼いたネギをお尻に突っ込むといいらしい」と聞いたことがあるのでそれをお伝えしました。

お会いして伺ってみたところ、本人はキッパリと「それは試さなかった」と言っていましたので、僕も「まぁそうだろうな」、ましてや試してみたところで「試しましたっ!」とは言わないだろうとは思っていましたヨ。
いわゆる「坐薬」ですので(坐薬は直接腸に吸収されるため、即効性があると聞いたことがあります)、効き目があれば「それは良かったね」で済むお話です。もし「もったいないから食べちゃった」と言われれば「食べるなっ!!」と、ひと言叱ってやってもいいかなとは思っていましたが・・・

ご本人のイメージがありますので名前は伏せますが、ホントのところはどうなんでしょう??

法に照らし合わせてみても「疑わしきは罰せず」が原則のようですので、追及はしません。ナゾです。

それに、こういったナゾの部分がその人の人生を演出する面もありますしね。永遠にナゾでいいと思います。

もしかすると「ボーカルのシホちゃんのことかな?」なんて勘違いされる方がいるかもしれませんが・・・当たらずも遠からず。ということで。

PS
シホ様 ワシのブログを見ている人は平均3人なので(これホントだよ)話は拡散しませんからご安心を。

ビビリ音

DSCN0973.jpg

納品する時にはいつもこうしてますが、このまま叩くと、付箋がビビッて面白い音が出ますよ。

お試しください

凪 ライブ

こんばんは。

6月9日(土)に以前も演奏させていただいたローストビーフのお店「DON考庵」にて「凪」「丸山研二郎・北街道の唄プロジェクト」のライブがあります。

どちらもそんなにギャアギャアと演奏するわけではなく、ゆったりとお食事をしながら楽しんでいただけると思います。

シホちゃんと石田さんは、5月はいろいろなところで演奏されていましたが、僕は久しぶりに参加する感じですね。

オープン 19:00
スタート 20:00

¥1000(ワンドリンク付)

DON幸庵
丸山研二郎

ガムラン

こんばんは。

先週、ムビラのチョコリンガーズ実近修平くんと一緒に、彼のムビラの生徒さんでガムランをやっているという方の家にお邪魔してきました。

ガムランにも種類があり、一般的に皆さんがイメージするであろう大人数でのガムランと、インドネシアの影絵芝居の音楽として演奏されるガムランがあるようです。

使われる楽器も違い、今回はその影絵芝居のガムラン奏者の方でした。

楽器にも触らせていただき、ちょっと手ほどきを受けましたが、これがまた難しい。

そもそもバチと呼ぶのか、その持ち方が特殊で、ミュートをしながら叩くようなのですが、なかなか上手くは出来ませんでした。

でも、楽器自体の音はかなりパワーと音量があります。

聞いているとどんどんはまっていく感じがします。

音程の若干違う楽器を2台、向かい合わせに置き、一方をガムラン奏者のトモ君が、もう一方を僕が手ほどきを受けながら見よう見まねでやったのですが、もちろんついていけません。一番簡単なフレーズだそうですが・・・

みかねたリサコちゃんが半分手伝ってくれましたが、彼女自身ムビラプレイヤーだからか、メロディにあたる部分をすんなりと覚えちゃっていました。

僕は単純な拍打ちを担当して遊んでいたのですが、これはかなり持って行かれますヨ~。

ガムランパワー恐るべし。。でも楽器の音量と敷居の高さからか、ちゃんと演奏しようとまでする人はなかなか居ないようです。納得。

今回は久しぶりに実近修平くん(通称パクチャン)のムビラライブも聞き、彼のムビラに対する圧倒的な情熱や、奏者にしかわからないような感覚の話なども聞けて、とても楽しゅうございました。

定期的に東京でもムビラのソロライブをやっているので興味のある人はぜひ足を運んで見てください。

今回やったライブ会場は清澄白河の「そら庵」さんと言うブックカフェでしたが、こちらのお店もとても居心地がよく、1日中読書をして過ごしたくなるようなお店でした。

お店のすぐ裏手は墨田川で川沿いのベンチに座ると、この時期、とても気持ちの良い風が流れ最高でしたよ。

チョコリンガーズ

そら庵
プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。