スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発

こんばんは。

今日はちょっとシリアスな話です。
昨日、静岡のカフェ・カプーに行ったところ、閉店間際に最近知り合った、松本さん(通称マッポン)が来店しました。

マッポン自身なかなか興味深い人物で、焼津で月一回「民映研の映画を見る会」というものを主催されています。

マッポン様ご一行4名は「福島原発建設の現場監督が静岡で語る」とう講演の帰りにカプーに立ち寄ったそうです。
マッポンから声を掛けていただき、皆さんのお話に参加させてもらいました。

他の3名様は静岡市議の宮沢けいすけさん、そして原発に変わる代替エネルギーとしての木材の可能性を追求されている鈴木さんと林業に携わる森さん。皆さんその道の専門家。私のような無知な男にも、上から目線ではなく丁寧にご説明くださいました。
宮沢さんにお会いしたのは初めてでしたが、どういった活動をされているのかは、おぼろげながら存じ上げておりました。

原発に関する講演の後でしたので、話題はやはり原発。

恥ずかしいお話、静岡にも「浜岡原発」があるにも関わらず、自分自身ほとんど関心がなくなっていました。

ちょっと気になったので帰ってから調べてみると、それほど深くは調べていなくても、今まで「原発はやむを得ない存在」と思っていたのが「存在自体が危険で、日本の原発運営自身が非常に危うい」と思うに至りました。
今更申し上げるまでもなく、電力会社の隠蔽体質、政府、マスコミの情報操作。
たとえ個人であっても都合の悪いことは隠したいのは当然ですが、今回の災害は危険度があまりに大きい。

むかしオール電化が叫ばれ始めたころ友人が「こんなの電力不足を理由に原発作りたいだけじゃん」と言っていたことを思い出したり、また、企業などに対しては「一定以上の電力を消費すると電気代が安くなる」とも昨日聞きました(条件などあるかもしれませんが)。。。

まぁ理由はいろいろあり、複雑を極めているのでしょうが「電力不足を口実にして原発作りたいから、ジャンジャン電気使ってネ」と言っても、間違いではないでしょう。


たいがい「原発を止めたら電力不足に陥るのではないか?」「代替案はあるのか?」といった議論になりそこが難しいところのようですが、すくなくとも「浜岡原発」に限っては止めても電力不足にはならなそうです。(反対派の方々の試算によると)

有効な代替案がすぐには見つからないかもしれませんが、我々に出来ることはやはり電気を使わないことですかね。ぜんぜん使わないというわけにはいきませんから「あんまり使わない」ぐらいでしょうか。

「昔はクーラーなんかなかったんだぜ!」などと言う気はまったくありませんが、実際なくてもワタクシは一向に困りません(実際家にはありません)。その昔、南米に行っていた時、アマゾンのジャングル地帯の集落でひと月ほど暮らしてみたことがありますが、電気、水道などはありませんでしたが、別段不自由ではありませんでした。
もっとも最初からそれを理解して行ったのですから、現状の生活で電気がないのとは全くの別物ですが。


本当はとてもシリアスな話題ですが、意に反してずいぶん軽薄な内容になってしまいました。
しかし、昨日宮沢さんも「頭突きつけて深刻に悩んでも仕方ない」といった意味のことをおっしゃておりました。

それは恐らく「まずは多くの人に何らかの関心を持ってもらいたい」、そのためには物事への敷居を低くして「草の根レベルの活動から」といった気持ちの表れではないかと勝手に解釈いたしました。
もっとも宮沢さんご自身は「真剣に考え」そして「行動」もされています。

それに残念ながら私のような素人がいくら真剣に考えてみても、専門化には一笑に付されるだけでしょう。
ですが物事は単純で参加しやすい方がいいと思います。それにちょっと意識を変えるだけで何かが変わるのなら、試してみる価値があるのでは。

宮沢さんいわく「原発反対」の集会にNHKの記者を呼んだら、「反対の集会には出られない」と断わられたとのことでした。ずいぶん偏ったジャーナリズムです。
私はなぜか「反対」という言葉に抵抗を感じてしまったので、「原発を止めることに賛成」ならば「賛成しやすいですね」などくだらないことを言ってしまいましたが、同じことを言っているのに私の中では受け止め方が大きく変わりました。

昨日、一時間ほどお話しただけですが、それまでほとんど関心を持っていなかった私も、今現在、夜中の3時半までかかってこんなことを書いています。だんだん支離滅裂になっていますが。

きっと多くの方も関心が無いことかも知れませんが、具体的な行動をせずとも「関心を持つ」だけでも、何か違った世の中になるような気がいたします。

最後にマッポンがあいまいな記憶をもとに話していましたが、このような社会問題がごく普通に会話の話題になる率が、日本は他の国に比べて「著しく低い!!」そうです。重要なテーマなのにね

カプー・民映研・宮沢さんの文字に色を付けたのですが全く反映されません(リンクされてます)
いったいドウシテ?? 昔は出来たじゃん!!
ホントにワケガワカラン・ワケガワカラン・ワケガワカラン・・・

そんなこんなで朝の五時だよ・・・オハヨウゴザイマスになってしまいました。。
スポンサーサイト

今週の作業

こんばんは

2~3日前に家でホンの軽くお酒を飲んだら、やけに酔っ払ってしまい、そのまま変な姿勢で寝たのですっかり首を寝違えてしまいました。まだ曲げると痛い。。。

そんな感じでどうも気分がすぐれませんが、今週の目標を。

今週はミニプロパン、通称「パン」の製作を予定しています。
大筋で出来上がっているのですが、ひとつひとつの作業の効率的な方法を考えて、細部を整えてみたいと思います。

同時進行は難しいと思いますが、「分割式プロパン」も取り組みたいですね。
先週の土曜日に、久しぶりにイーヅカ先生の鉄工場に行き、分割式の技術的な相談と、ちょっとお試しをしてきました。途中で時間切れとなってしまいましたが、ひょっとしたら上手くいくかも、という期待を感じました。

ですが、あまりそればかり考えてしまうと、他のことが進まなくなりますので、頭の片隅に入れながら、隙を見つけて実験してみます。

昨日は私が参加しているバンド(?)、ユニット(?)、グループ(?)、三人なのでトリオ(?)???、
『凪』の石田さんが我が作業場に来れれて、デモCD用のちょっとした録音をしました。

我が作業場には防音小屋がありますからね。録音スタジオですよ。

あ~れ~ま~???
ここに写真をはっ付けてコメントを入れようと思っていたのですが・・・写真がアップされない・・
普段となんら変わらないコトをしているのに・・おまけに以前の写真を試しにアップしてみると上手くいく。。。

ワケガワカラン。。ワケガワカラン。。ワケガワカラン。。

画像がないのにご説明したところで、考えちゃうだけでしょうからやめときマス。。。オヤスミナサイ。

2大ニュース

こんばんは。

えぇ、ご覧下さった方々には今更なのですが、先だって最近の2大ニュースということで「しょんないTV」のことを書きました。
そのときに、収録の模様は後日といたしましたので、まだ多少なりともホットなうちに。

撮影当日、まずスタッフの方々が先に来られて現場を確認。ライトを取り付けたり、私もマイクを付けられたりとしていました。
お話しを下さったディレクターの方も見えたので、段取りなどの指示があるのかと思っていましたが、これと言って特に無し。そのうちに姿も見えなくなっておりました。

なんとなく手持ち無沙汰なので、野次馬見学に来ていたPOTのアンドーさんとシン君とタバコでも吸っていました。
すると何やら、道の方が賑やかに。。

「あっ、な~るほど、道中を撮っていたワケか。きっと部分部分を撮影して編集するのだね」と合点し、「こりゃ部外者が映っちゃイカンな」と思い、隅に引っ込んでいたところデイレクターの方から「じゃ、早く、ボンベ持って登場して」との指示がありました。

「えっ!?、もう?」と思わず驚くものの、「ボンベ、ボンベ」とボンベを持ってそそくさと現れたところに、たこ焼きをパックン。

も~なんだか、そのまま撮影でした。

ディレクター、構成作家のご両人と最初にお会いしたときに、「ゆる~い番組です」とのご説明を受け、そして登場はボンベを持って、とは言われていました。
しかしそれ以外は特になかったので、当日はNG的なものを省くために多少の説明があるのだろうと思っていたのですけれど。。。ホントにユルカッタ~

まぁそんな感じで無事に撮影も終了いたしました。

出演者の瀧さん、広瀬さん、杉本さんとも、お恥ずかしい話、存じ上げなかったのですが、ひょっとして杉本さんは打楽器をやられている方なのでしょうか?
今回の撮影には入りませんでしたが、終了後、若干の空き時間でチャンチキやフレームドラムを丁寧に、かつ集中していじっておられたのを、ワタクシは見逃しませんでした!フォームもさまになっていましたし。

瀧さんはアンドーさんいわく「楽器はやらないんじゃない?」とのことでしたが、さすが電気グルーブ。見事なリズム感。やはり本物のパフォーマーは違いますね。

広瀬さんは、う~ん、いただけませんな。残念!撮影中も瀧さんから「ヒロセ、もう飽きてるだろっ!」などと突っ込まれ「飽きてません、飽きてません」などと必死に弁明していましたが、きっと飽きていたでしょうねぇぇ。
ま、しかし、たいへんカワイイ方で、ツッコミどころも満載となれば人気があるのは当然ですね。いつか打楽器に目覚めることを期待しましょう。


DSCN0394.jpg

貴重な体験でしたが、写真ほとんど無し!!ほぼこの一枚のみ。トホホホホ・・・
ちなみにこれは「ボーンズ」という楽器を披露させていただいているところです。

コメント

ブログにコメントを書いてくださいましてありがとうございます。
返信を書いたのですが、ちょっと変な書き方になってしまいました。。。

今までの読者は推定4人(弟、弟奥さん、母、たまにポットのマキちゃん)
最近は母たちも見ていないようでしたけれど・・

お分かりだと思いますが、コメントの返信に慣れておらずお見苦しい形になってしまいました。

今日はこれから出かけますので、次回はましな形になるようにいたしますのでご勘弁を。。。

しょんないTV

こんにちは。

昨晩の「ピエール瀧のしょんないTV」ご覧いただいた皆様、ありがとうございます。
プロパノータのHPにも多くの方が訪問して下さった模様で、ありがたい限りです。

何とか放送までにHPもリニューアルすることが出来、「面目丸つぶれの状態には陥らずに済んだか」と、ホッとしています。
何よりも設置したアクセスカウンターがちゃんと機能しているようなので、それがウレシイ。。
昔つけたカウンターはどうも怪しい気がしたので取り外しちゃったんです。

しかしまだまだ肝心の楽器のご説明や、動画など不備な点が多々ありますので日々修正を加えていかなくてはなりませんが・・・

放送では作業の様子をご紹介していただけたかもしれませんが、ほとんどフリーハンドでの作業の映像だったのではないでしょうか?
実は現段階ではまだ楽器製作にまで及んでおらず、作業を円滑に進めるための道具、いわゆる「冶具」作りに追われているのです。
今までイーヅカ先生の鉄工場で専門の加工機械で行っていたことを、何とか自分でやれるようにと試行錯誤をしている状態なのです。

昨日は会社の送別会があり、私は酔っ払って早々に寝てしまい放送は見ていないのですが、と、言うよりも我が家のテレビはアンテナに接続されておらず、映らないので見ることはできないのですけれど・・・

テレビが無いと言うとちょっと怪訝な顔をされることもありますが、私はテレビ好きですのである種のイメージを抱かれると困ってしまいますが。

入居当時はもちろん接続しようとしましたよ。ところがウチのアンテナ線はちょいっと古臭くて接続が面倒なのです(なせかアンテナ線の画像が貼り付けられません。。これだからパソはやっかいっ!)

電気屋にアンテナ線を買いにも行きましたが、種類がたくさんあるのですね。ウチのがどれだか確認していなかったのでまた今度にするかと思いつつ、早3年ほど放置。
スカパーもあるのでとりあえず、スカパーアンテナを取り付けようとしたところ、こちらも微調整がうまくいかずとりあえず放置。

スカパーでサッカーやら、料理番組やら、紀行番組、その他もちろんアダルトなどをと考えていましたが結局放置。

いつのまにやらテレビのない生活にも慣れてしまいました。

そんなワケでして、昨日のテレビも見ておらず。どんな感じだったのでしょうか。。。

興味を持ってくださった方々の期待を裏切らぬよう、日々精進していきたいと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。














TV その2

こんばんは

昨晩は静岡でも地震があり「いよいよかっ!」と冷やりとしましたが大事に至らず良かったです。

今日は最近の「2大ニュース」の第2について。

先週テレビの取材をお受けいたしました。
静岡朝日テレビの「ピエール瀧のしょんないTV」という番組です。

3月19日の土曜日、深夜0時30分より放送予定です。

なにぶん、まだ予断を許さない状況ですので、収録時のお話しや内容についてなどは、無事放送終了後にまたご紹介したいと思います。

お時間ある方、ぜひご覧ください。

ピエール瀧のしょんないTV

2大ニュースのうちのひとつなのに、あっさり過ぎる紹介ですね。。。

TV

こんばんは。

東北地方を襲った大地震、被災された方々を思うとのん気に近況報告という気分にはなれません。
千葉の私の実家では、母が今までにないほどの揺れだったと話していました。
幸運にも大きな被害はなく、食器のいくつかが落ちて割れた程度で済んだようです。
東海地震が叫ばれて久しい静岡は全く平穏で、災害の予兆すら感じることが出来ません。

私はテレビを見ない生活をしているため、絶えず流される被害地の映像や、報道内容にも接する機会が極端に少ないと思います。
そんな中、関連ニュースをネットで読んでいると、マスコミ報道が余計な危機感を増長しているといった記事も多数見受けられます。

災害など人々のパニックに便乗して、詐欺的行為を働く人が出てくることがありますが、ある意味マスコミの報道もそれに近いケースもあるのでは、と思ってしまったりもします。
これは作り物のイベントではない、現実なのですから。

しかしこれだけ各個人が情報を発することができる現在、その情報の選別は厄介な問題でしょう。
私も正誤に関わらず、単に自分が同意できるものに同調しているに過ぎないだけです。

そんな中、海外のメディアではこのようなひどい状況の中でも、人としての尊厳を失わず、規律を持って行動する日本人に、敬意を払っている記事もいくつか目にしました。
被災したわけでもない自分ですが、そういった記事を目にしますと、勇気と誇りを与えられたような気持ちになります。我々は礼儀正しく、和を大切にする日本人であることを強く再確認いたしました。

復興にはとてつもない時間がかかるでしょう。今の私には何の手助けも出来ませんが、自分がお役に立てる時が来たら全力で取り組みたいと思います。

被災された方々が一刻も早く、平穏な生活に戻れますように。。。
どうかこれ以上被害が大きくなりませんように。。。

近況報告

こんばんは。

長らく更新を怠けておりました。
その間いろいろなことがございましたが、近況報告ということで最近の2大ニュースを。

その1 

専用の作業場を確保しました

今までは、イーヅカ先生の工場だったり、自分の部屋の片隅だったりの作業で不都合な面も多々ありました。
そんな状況を打破するために、思い切って場所を借りました。しかも自分の部屋の下のテナント(立地サイコー)

「工房」というと随分お高くとまっているようなので、まぁ「作業場」ですね。

DSCN0357.jpg

これが借りたときの状態。およそひと月前ぐらいのことですね。
現在はこんな感じ

DSCN0378.jpg

真ん中の壁は相変わらずの防音小屋。

以前の小屋はDSCN0363.jpg  せまいっ  ミクロコスモスですね

Newハウスは DSCN0371.jpg  

ちなみに彼は南米時代の友人、吉永くん。現在は静岡市で家業の畳屋を継いでいます。
彼はとてもユニークで畳の素材である井草を使ってコースターやバッグを作ったり、過去にはイラクで写真を撮りながら反戦活動をしたりしていました。彼のとる写真はユーモアや優しさに溢れていて、私はとてもいい写真だと思っています。
「駿河クリエイティブ」という伝統工芸のグループに所属しており、最近、彼の作った新しいデザインの畳が県知事賞を獲得したようです。スバラシイネ

昨今、防音対策として使用されるグラスウールが全国的に品薄で、ホームセンターでは手に入らないため、畳屋の吉永君に中古の畳をもらい、防音室の壁に使いました。

吉永君の身長は180センチくらい、New防音ルームは必要十分な広さのビッグコスモスまさに大宇宙!!!の、予定でしたが、畳にはあまり防音効果が無いようなのですね。
ひじょ~に、ざんねんだぁ。。。ぼっ建てた後にわかりましたヨ・・・

誠ににタイミングの悪いことに、建てた後で防音に詳しい方とお話しする機会がありまして。
まっ、しかし防音はプロの方たちでも難しいと言われているようですから、畳がグラスウールに変わったとしても
ワタクシの作ったものでは効果の程はあまり変わらないかな。

ほんでもって結局こちら DSCN0441.jpg
DSCN0443.jpg 「大宇宙の中の小宇宙」「箱の中のちっちゃい箱」 ウ~ム、前と変わらず・・・


しかしながら専用の作業場が出来たことで仕事はとてもやりやすくなりましたから満足しています。
帰宅してから夜中まで作業場で過ごすことが出来ます。だって、部屋にあったタイコ類や道具類を下に持ち込んだら、部屋が見事にすっからかんになっちゃってやることないんだもん。

「作業場確保!」が最近の一大事。それに続く「最近のさらなる一大事」はまた後日に。。

ついでに以前のブログ名「水曜日記」はやめました。水曜日更新がちょっとプレッシャーになりましてね。
今後は不定期に更新をしていきますので、より自由度が高くなることを目指しますのでよろしくお願いいたしま
す。

DSCN0372.jpg 夜メシを餌にいいようにこき使われる柴田くんと小泉くん(会社の後輩です)
プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。