FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早打ちマック

暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょう。

さて、夏になるとタイコ活動はちょっと停滞し、生活の中で花火の割合が高くなります。

そんなワケでして、今回はちょっと「早打ちマック」のお話しを。

「早打ち」というのは花火の打ち上げ方法のひとつで、簡単に言うと、真っ赤になるまで熱した円盤状の鉄やら、30センチぐらいの鎖やらを、花火の筒底に落とし、そこに打ち上げ用の火薬をくっつけた花火を落としていくという方法です。
焼いた鉄も少しずつ冷めていきますので、だいたい20本前後を一区切りとして、それを何度か繰り返したりします。

人間が花火を落とし入れるため、ゆっくり打ち上げたり、早く打ち上げたりと時間調整が出来るのがひとつの利点です。電気点火ですと、あらかじめ時間の決まった導火線がセットされているので、一度点火してしまえばもう時間を調整することは出来ません。

最近では「早打ち」は危険度が高いため、電気点火の打ち上げが主流になってしまっておりますが。。。

わが社にはそんな「早打ち」が大好きな人がおります。

「松井さん(60歳くらい)」通称「早打ちマック」。
「3度のメシより早が好き」なんてこと言う先輩も。

ちょうど10年前、私が花火屋に入った年の最初の夏。ある現場で早打ちに回されました。


「早打ち」は通常4~5人一組で仕事をします。「出し手」と呼ばれ、火の粉が入らないように厳重に防炎シートなどで覆った木箱の中から花火を取り出す係りと、その花火を「打ち手」に渡す「渡し手」。そして筒に入れ打ち上げる「打ち手」。他にも焼いた鉄を出し入れする係りなどなど。

私が担当したのは「渡し手」でした。

始まる前に、先輩達から「マックにすぐ渡すなよ~、どんどん打っちまうぞ!」やら「渡し手からふんだくっていくからな」などなどと聞かされていました。ワタクシはそれらを単なる冗談だと思っていました。

いよいよ打ち上げが始まり、我々の出番もやってきました。

始めは「マック」もゆっくりと打っていましたが、だんだんスピードが速くなっていくような・・・・
確かに調子よく「ズダンッ、ズダンッ」と打っていくのは気持ちがいいんですよね。

ところが、そのうちに「タイムキーパー役」から「早すぎるぞ、もっとゆっくり打て!」との声が。

いやぁ、しかし悲しいかな。「早打ちマック」耳がちと遠い(早のやりすぎ)。聞こえてるんだか、いないんだか???

さらに早くなってきたので私もさすがに「松井さん、早い、早すぎですよっ!もっとゆっくり」とペースダウンを促しました。

そしたら 『うるせっ!はやくよこせっ!!』

・・・・ふんだくられちゃたアルヨ。。うひゃ、ホントだったんだ・・・

そんなこんなで役目を終え、他の花火屋の「早打ち」を見ていました。
近くにいた松井さんに「松井さん、今の花火はなんて言うのですか?」と聞いてみたところ

(マック)「ダメだな、ありゃ」

(私)「え?ダメ?」

(マック)「あんな遅ぇ早打ちじゃダメだな。眠くなっちまうわ」

(私)「え?・・・・・」(だってワザとゆっくり打ってるんじゃないの・・・)

「早打ちマック」当時の見た目はパンチパーマに出社時はサングラス、なんて感じのちょっとコワそうなオッサンでしたが、実はとってもシャイでやさしい「おじいちゃん」なんですよね。
いまは「マック」と呼ばれるよりも「ジ~ジ」と呼ばれたり。

「マックゥ、今年もいっぱい早打ちできると、いいネ!!」






スポンサーサイト

タイコとの出会い

私がタイコに出会ったのはその昔、南米大陸をほっつき歩いているときでした。いわゆるバックパッカーですね。
はじめは全く感心がなく、タイコを持って旅をしている人なんかを見かけると、「よくもまぁ、そんなお荷物を持って・・・」という感じでした。

それが帰国直前、メキシコのとある公園にて各種パーカッションやらトランペットやら、つまり電気を使わなくてもよい楽器を持ち寄ってセッションしている人たちに出くわしたのです。
そのときの気持ち良さったら、これたまらなく、それ以来、どっぷりはまっているわけでゴザイマス。

どこでタイコが買えるかを教えてもらい、アシーコと呼ばれるタイコを買って帰りました。当時は名前も何も知りませんでしたが。

日本に帰ってからは、ひとつだけ教えてもらったリズムを延々と叩いていましたね。

その後、ジャンベのワークショップに通うようになりましたが、正直、つまらなかったです。特にアフリカントラディショナルをやりたかったわけでもなかったし。それでも通っていた理由は、人数が少なく頭数に入っていたことと、先生の出す「音」を聞きたかったからです。リズム自体は家に帰るとサッパリ忘れていましたが、その「音」に近づけるよう、音だしの練習を繰り返しました。それでもワークショップで教えていただいたことは今でも十分役に立っておりますが。。ありがとうございます!!

いま、当時と比べてワタクシも生意気になり、打楽器講座の講師なんぞをやったりしていますが(誰でも出来るんです。自己申告制ですから。審査アリマセン)、生徒さんたちにはパターンなどにとらわれず、純粋に叩く楽しさと、気持ちよさを感じてもらうことを目標にしています。

いつも、「もっと自由に、もっと自由に」と言っていますが、しかしながら、私がタイコを叩き始めたころを思い返してみても、「自由に!」と言われてもどうすればよいのかわからず、きっと戸惑っていたでしょうね。

ジャンベのワークショップでは基本的にあるパターンを叩き倒すことが多いと思います。なんとなく高揚してきても「おかず」のようなものは入れてはいけないような雰囲気。そうかと思いきや、今度はそんな気でないのに「ソロ」が回ってきたり。。これは性格的なものが作用しているでしょうが、私はどうもそういった「ソロまわし」が苦手です。「ソロ」自体はとても気持ちがいいものですが、ひとりだけでなく、他の人もそれに触発されて、全体的にグイグイと持っていくような感じがいいですね。もちろんそれを支えてくれる裏方さんも必要ですが。

講座もそんな方向に持っていけるよう努力しています。もちろん来てくださる方々の身につくよう、パターンもやる必要はあります。ただの適当だけではダメですからね。

成果はどうでしょうか?常にそうなるとは言えませんが、
そういった瞬間も出てくるようになりました。

昨日の講座でもそんな気分の良い瞬間がありました。同時に気になることも。。。
ひょっとして笑顔が出そうになっているのを、抑えてしまっている???→いけませんヨ~!

気持ちのいいときには笑いましょう!!!

自分の世界に入らず、集中するほどに意識を拡散して周囲の音に耳を向けましょう!

この表現自体は好きではありませんが、結局は「太鼓で会話する」ってことなんでしょうかね。

ふぅ、今回、なかなかの長文だ。








プロパンケース

ただいまプロパノータのケースを製作中です。

意外なものを使っているのですけれど、ひょっとすると「そのまんまじゃんっ」などと思われるかもしれませんが。

試作は出来上がっているのですが、もう少し改良の余地がありそうですので、引き続き検討です。

それにしてもワタクシ、まるっきり商品についての情報を皆様にお出ししておりませんね。

当たり前のことですが、決して出し惜しみしているわけではゴザイマセン。。。反省はしてます。写真撮らないと。

さて話は変わって、この間の日曜日、楽器を置いていただいている静岡のカフェ「カプー」での、カリンバ、ムビラのライブに行ってきました。

「玄音」と言って、普段はご兄弟で活動されている方から、カリンバのチューニングに合わせてプロパノータを作ってもらえないかとのこと。

その方は「ハピドラム」を所有されているそうですが、カリンバチューンのものがあればさらにハッピー(本当はこんなこと言ってません。あくまでイメージ)


と、言うわけで私は作る気満々ですからね、ヤスハルさん!!

仕様が決まれば、7月の20日ぐらいまでには土台が出来上がると思います。そのあと私は大変忙しい時期を迎えますので、結局、塗装して完成するのは8月の後半ぐらいになってしまうかも・・・貧乏暇なしダヨ

もっとも、ご本人からはまだ連絡ございませんが。こいうのはネ、どんどん既成事実を作り上げて追い込んじゃえばそれでえぇんじゃ。。。冗談ですヨ。そんな乱暴なことはいたしませんからご安心を!


プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。