スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おばあちゃんの楽器

ほんとに長いことブログを放置してしまいました。。。

タイトルにある通りHPをリニューアルし、思い切って当初の考え「プロパノータは5~60代の女性に好まれるのではないか?」との思いを前面に打ち出してしまいました。

こんな私でもいろいろとネット販売の本やマーケティング関連の本などで勉強したりしています。

その類の本では必ず『ターゲットを明確に!』と書かれています。

確かに具体的に使っていただきたい人が決まっていれば、やりやすくなることは間違いないのですが、それによってほかの方が離れてしまうのではないかとの心配は当然あります。

しかし何ごとも頭で考えているだけでは何もわかりませんし、実際その年代の方たちに評判がいいのも事実です。

私の母は70前後になりますが、何年か前からピアノを習い始めました。

姉が子供時代にピアノを習っており、結婚して家を出てから誰も引かずに家に放置されていたのですよね。それを見かねて。。

全然上達しないとこぼしてはいましたが、それでも楽しいようです。
最近はプロパノータにも手を出し、こちらは「ただ鳴らしているだけで気持ちがいいよ!」と言ってくれています。

実家に帰るのはお正月くらいのもので、なかなか顔を合わせることもありません。
たまにメールでやり取りする程度ですが、まだまだ家にこもりっきりにならずに生活を楽しんでいる母の様子を嬉しく思います。

楽器の習得となると、若い人でも一筋縄ではいきません。
楽器の購入、練習場所、習う or 独学 etc.......

いくらやる気満々でも途中で挫折する人もたくさんいるでしょうね。

「プロパノータは挫折しません!」などと大風呂敷を広げるようなつもりはありませんが、単に音を出しているだけで深く、深く心に沁みわたる、ちょっと稀有な楽器ではないかとは思います。

今までは簡単な童謡や歌謡曲を練習してきたプロパンレディスのお姉さん方も(平均年齢70?)「もっとリズム的」なものが出来るようになりたいと、真剣度が増してきました。

プロパンレディス
(お寺さんの婦人会での演奏。90人近くのおばあちゃん達の前で演奏ご披露。)

おばあちゃんたちプロパンレディスがカッコよくリズムで決められるよう、僕も練習に熱が入りますネ!!

スポンサーサイト

プロパノータ合奏

こんばんは。

昨日見ました「富岳会」の自主公演でのプロパノータ合奏についての感想です。

まずその前に「富岳会」というのは静岡県の御殿場市を中心に障がいを持たれれている方への支援をされている施設です。
今回も「エイブル富岳」「富岳の園」「富岳の郷」「アークビレッジ富岳」の4施設合同の自主公演でした。

富岳会はその活動の中で「音楽療法」を取り入れて43年、そして現在は「和太鼓療育」としても障がい者の境参加などに大きな成果を上げているということです。

実際に富岳太鼓は全国的にも名の通った団体で、昨日も障がいのある方も参加しての素晴らしい和太鼓を披露してくださいました。

昨日の公演では「富岳の郷」様がプロパノータで「冬のソナタ」を演奏してくれました。

総勢15名弱の演奏。ピアノが主にメロディを担当し、プロパノータは伴奏的な使用でした。

会場は御殿場市民会館の大ホール。収容人数は1000名を超えます。
僕は最後尾の中央で聞いていました。ステージからの距離にして30mくらいだと思います。

プロパノータはすべて生音。ピアノは電子ピアノでした。

音量として最後尾でも聞き取れますが、やはり大きなホールですのでちょっと物足りない感がありました。その結果、やや音程感がぼやけてしまったと思います。

色のグラデーションで例えるなら、赤に白を加えていくと段々ピンクから最後に白になるように、僕がいた場所では薄いピンクぐらいになった感じですかね。
源である「赤」を感じることは難しかったと思います。

これはプログラム上の転換時間などを考慮してのことだったのでしょう。
それにご説明したように「富岳会」は太鼓演奏にたけているので、「演奏は生音」という事が多いのかもしれませんね。
当日も打楽器がほとんどで、マイクを使うのはほんのごく一部だけでした。

しかし「生音での音量」という点では、プロパノータは他の楽器と比べてもさほど遜色はないと思います。

ただ音色が優しいのでピアノのような強い音の楽器との演奏だと、相性の問題で難しいかもしれません。
このことは以前作業場でお預かりをした、電子ピアノとの音の相性を見た際にも感じたことです。

また、当日ほかのプログラムで使われていた「トーンチャイム」という楽器がありますが、この音もプロパノータに近い優しい音ですが、やはり僕の位置では音量的に物足りなさを感じました。

もう2点は推測ですが、まず伴奏的に一音一音をそのタイミングで鳴らす方法だと音の波が小さいのかもしれないと思いました。

今度は水を入れた桶を例に用いてみます。
桶のふちを軽く一回叩くと中の水は波を打ちますね。それを一回だけではなく連続で叩き続けると中の水は踊るように激しく波打つと思います。

つまり音も波である以上、一音だけよりも連続的に弾く方が音のエネルギーが大きくなるのではないかということです。またそのように弾くことで音楽的にも強弱がつき、演奏そのものに好影響を及ぼすのではないかと思いました。(練習しないと大変ですけどね)

もう一点は楽器間の距離についてです。

最後は火薬を例に。

例えば手に持って遊ぶオモチャ花火を複数くっつけて火をつけると、単純に倍々でななく何倍にも燃え上がり大変危険なことになります。

プロパノータも距離が離れているよりも近い距離で音が合わさると得も言われぬ気持ち良さがあります。これもお互いの音の波が共鳴し合って、より強い波になっているのかもしれません。

以上の2点は推測ですが、実際に演奏などを聞くといろいろ気づかされることが多く勉強になりますね。

実際に練習をされての使用感なども聞いてみないといけませんので、その点なども含めて「富岳の郷」様にまたお邪魔させてもらおうかと思っています。

昨日フェイスブックにて軽く感想をアップしましたが、公演自体は素晴らしく「富岳会」の底力を垣間見せていただいたようでした。

ありがとうございました。

来月の21日には、地元藤枝市の病院でのクリスマスコンサートにご近所さんから成る「プロパンレディス」が演奏させていただきます。

広々としたロビー内にどういった感じで音が届くのか、貴重なチャンスになりますね。









HP更新

もう朝ですが、今晩は。

いままで皆様にご迷惑をおかけしていたHPを整備し直しました。

見た目には、多少まとまっていたかもしれませんが、機能としてはほとんど役に立っていなかったと思います。
肝心のメールフォームなんてほぼ機能していなかったかもしれません。


今回はHP作成ソフト以外のフォームを取り入れてみましたが、実際にメールが来るまではまだちょっと心配ですね。

ちゃんと専門知識のある方に見ていただいた結果、どうやらまるで何でも素通りさせる「目の粗いザル」のようなもんでした。お客さんみんな素通り・・・・

アドバイスを参考に、いろいろ見てもらえるようなページ作りを心がけてみました(写真不足の感はありますが・・)


それでも十分な商品情報を持っている自分の目線と、未知のことだらけのお客様の目線にはまだ隔たりはあるでしょうが、放置せずマメな手入れをしていくことが何より大切ですね。

まだ重要な動画ページが出来ていないので、こちらも急がないと。

なかなかひとりだと撮るのが困難なうえに、人様にお頼みするのは申し訳ないという厄介な性格がありますが、そんなことを言ってはいられない。
見たこともない楽器を扱っているサイトで音や動画がないなんて言語道断ですからね。バチが当たりますよ。

更新が反映されるまでには多少時間がかかるでしょうが、今回は更新というよりイメージを保ちつつゼロから作り直しました。古いサイトはサーバー上から完全に削除されたはずです。

もしこれでちゃんとアップされていなかったら、恐ろしい。。。

無事にアップできていますように。

このブログも整理し直したいんですけれどね・・・










プロパノータ アンサンブル

今晩は。

台風が各地で猛威を振るったようですが、皆様大丈夫でしたでしょうか。。

14日の土曜日に、以前大口の納品をさせていただきました「富岳の郷」様からいただいた追加のプロパノータをお届けに行ってきました。

ちょうどその日は施設での定例フリーマーケットの日でしたので、納品ついでにちょっとしたデモンストレーションをさせていただく予定でしたが、残念ながらフリマは雨天中止。

代わりに施設内で軽くデモをさせていただきました。例によって施設利用者、職員の方々にご協力をしていただき「ボレロ」を演奏いたしました。

こちらの施設では秋に職員、利用者の方混合で盛大に発表会が開かれるそうです。

その際、プロパノータ・アンサンブルで「冬のソナタ」、冬ソナですね!を演奏するそうです。

「冬ソナ」はいわゆるバラードでしょうから、プロパノータの音色は良く合うと思います。
楽しみですね!

そして職員の方からアンサンブルに関してのアドバイスを求められました。

参考になるかわかりませんが、アンサンブルの場合はメロディ以外の音を、「必要最小限にするのが効果的だ」ということです。

今回のボレロは低音と、メロディにマイクを使い、そのほかの方たちは生音で演奏していただきました。

僕はメロディを担当し、マイクつきで演奏しましたが、自分のPA機器に関する知識が少ないため、良さを十分に発揮出来たかちょっと疑問でした。。。

単体ではなくアンサンブルでマイクを使った場合の演奏などをもっと試してみる必要性を感じました。

まあ今回はあまりにもザックリした練習で演奏に入りましたので細かいことは言いっこなしですが。


プロパノータは強く叩くよりも、優しく、軽く触れる程度の音がいいと思います。

演奏会場にもよるので何とも言えませんが、人は小さな音ならグッと「集中して聞き入ってくれる」とのことです。

小音でも綺麗なハーモニー。そこにプロパノータの真骨頂があるのかもしれませんね。



borero.jpg
プロパノータ演奏の問題点は、演奏中に顔をなかなか上げられないコト

teionn.jpg
低音担当。ボルトの付け替えで「c、d、f」のメジャーペンタトニックと「eマイナー」ペンタトニックの音階が使用できます

ふぞく
ドライバーは磁石でボディに付属









9月より

今晩は。

まだまだ日中は暑さが厳しいですが、もう9月ですね。

7,8月は例年花火の仕事に行くため、ご注文の受付を控えさせていただきましたが、9月よりご注文の受付を再開いたします。

ただケガの影響があり、しばらくはお届けまでに多少、余分なお時間をいただくことになりそうです。

まだご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

菅井
プロフィール

プロパノータ

Author:プロパノータ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。